2016年10月31日月曜日

プロジェクト・シマニョーロの巻(1)シマニョーロを目指すワケとは。

ハロー皆様


満を持して((笑)) 連載を開始いたします。 

(1)シマニョーロを目指すワケとは。

きっかけはそう、ネオモルフェでした。

  1. ネオモルフェにシマノのSTIは似合わない。
  2. 取り付け位置もしっくり来ない。
  3. なんとなくカンパのエルゴパワーだったらピッタリ合う気がする。

根拠はございません。


エルゴパワーの方が、STIよりずっと持ちやすいという話はよく聞きます。
エンゾ教の教祖様もそう説いておられるけれども、本当なのでしょうか。

僕は野良サイクリストなので、カンパを使っている仲間に触らせてもらうことも出来ません。
ショップに行っても「手を触れないでください!」と注意書きがされていて試せません。
ふらんすへ行きたしと思へどもふらんすはあまりに遠し。どうすればいいのでしょう。
 
一方、ウルトラシフトで一気変速可能! という件については
「だからどうなの?」と思っていたりしました。(あんまり興味がなかった)
 
つまり、使ってみたい理由が
  • ネオモルフェに似合う?
  • 持ちやすい?
っていうことですから、これは一気変速できないパワーシフトで十分。
ということなら、ヴェローチェとかアテナでもいいんだよね? 
カンパニョーロ(CAMPAGNOLO) VELOCE パワーシフト 10S エルゴパワー
Experience号は10速だし? と思っていたのですが、だがしかし。

もちろん、カンパはスプロケットもチェーンも消耗品なのに高価だし、
チェンカッターすらも救いようがない価格だし、BBはどうも信用できないし、
ということで、この時点でシマニョーロ化を想定していました。
 
そこで、もう少し調べてみると、シマニョーロに使えるイコールプーリーは、

ウルトラシフト専用だと言うではありませんか。なぜだ…。
 
しかたない。ウルトラシフト最安のコーラスにするか。
って、コーラスって11速じゃん!
 


 
ブレーキレバーの形が気に入らないだけなのに、ドライブトレインを
11速にしなくてはならないと言うのか…。



つづく。 

0 件のコメント:

コメントを投稿