2017年4月1日土曜日

鯛やヒラメの舞い踊り。ワンタッチポンプ ヘッドハンティングの巻

ハロー皆様
 
マウンテンバイク(MTB)時代は、Panaracerの楽々ポンプ+ゼファールのエアゲージ、という組み合わせでタイヤの空気を入れておりましたが、2014年9月にロードバイクを買ってからは

空気入れる

エアゲージで測定

空気足す

エアゲージで測定
空気を抜いて調整
エアゲージで測定
抜きすぎた

という作業が煩わしくなり、同じPanaracerのこのポンプを購入。
エアゲージ付きで2,000円ぐらい。(購入時)

特に不満もなく使っていたのですが、ポンプヘッド(口金)のゴムが傷んできて、空気が入れにくくなってきました。


それなら  そう  いよいよ

ヒラメでしょう!




ついに、正々堂々とヒラメが買える!

 
 
 
しかし、順当に欠品しておりました。

どよ~ん。

やっぱりなぁ…。
 

そこで、Panaracerから発売されて地味に話題のコレはどうでしょう。



バルブに押し込むだけでセット完了! っていうやつです。


うん。フロアポンプを丸ごと買ってもヒラメを買うより安いし、試してみようかな。


でも、また一本フロアポンプが増えても邪魔なだけ。
 
で、見つけたのが、補修部品として売られているワッタッチ口金。
 
調べてみると、今使っているフロアポンプにも装着できそう。
 


これを試してみよう。
 


おお。ブリヂストンにOEM供給しているらしいですな。
ブリヂストン版の方がちょっと安いんだけど、ここはオリジナルを発注。





今回は淀君から入荷。
 



補修部品なのでそっけない。


 

こんな具合。




元のポンプヘッドを、クルクル回して 外して



つけるだけ。 ピッタリ。
 


公式動画



このワンタッチポンプヘッド、「ヒラメキラー」となるのか!?


ではまた。
 


0 件のコメント:

コメントを投稿