2016年11月8日火曜日

新マシン爆誕!の巻(1)鳴動編

ハロー皆様
 
雑誌とか、ブログとか、いろいろな情報を読んでいると、ロードバイクの正しい
買い方・選び方がいろいろ書かれていますよね。
 
雑誌だと、まずは
「サイクルショップでアドバイスをしてもらいながら買おう!」
ということになりますが、これは置いておいても
 
「自分の目的や、乗り方にあった自転車を買おう!」

これは異論のないところでありましょう。
 
貧脚 ゆったりサイクリストには、振動吸収性に優れたエンデュランスモデルが向いているに
違いありません。
 
さて、こちらに見えるフレームは
 
Cinelli の Strato Faster です。 同社のセカンドグレード(Laser除く)で、国内正価
38万円もします。 とても買えません。
 
そして、メーカーや代理店の謳い文句は
よりクイックに、より硬く、より速く! 
ストラートが完全に生まれ変わりました。新しいジオメトリは、オリンピックディスタンスのトライアスロン、クリテリウムなどに向いています。シートステイとチェーンステイがカーボンで一体化されたパーツでつながるCSS(Continuous Stiff Concept)で、リア三角の構造強度を最大限に高めています。BB付近は内部をアルミで強化しており、横方向の剛性を高めています。リアステイはホイールベースを短くするために再設計され、フォークとシートチューブを1度起こして、BBを数ミリ高くし、バイクの反応性を向上させるジオメトリです。クリテリウムなどで一番大切な、反応性と加速性を重視しています。急カーブでもいつでもペダルを回しスピードアップできるバイクです。
数少ないインプレ記事も、だいたいこのセンです。
 
つまり

カッチカチに固くて短距離をギンギンに走るためのバイクだぜ!

っていうことです。
 
僕のような貧脚安穏サイクリストは決して買ってはならないフレームだということが
わかります。
だいたい、こんな値段 手が届かないし。
 
しかるに
これならどうでしょうか。
 
国内定価38万円の商品。
 
いったんは、某サイトでこう書かれました。
チネリのロード用フレームStrato FasterがCEXに入荷していきなり激安。日本の定価40万円くらいのところ189,999円と半額以下に

それが更に下がって149,999円(税別・送料別)です。

 
悩みました。
 
自分(天使):「明らかに自分に向いていないフレーム。いくら値引きされていたって、
買ってはダメ。だいたい、15万円のフレームとしたって自分にはモッタイない。」
 
自分(悪魔):「いやいや。雑誌のインプレなんて、鵜呑みにするヒトはいないでしょう。
それ以上に、自分のようなトーシローにはフレームの性格の差なんてわからないに決まってる。
このチャンスを見逃したら後々まで後悔するぜ」
 
しばらく前のアフラックのCMのような状態に(笑)
 
ああ、どうしよう… 
どうしたらいいのかわからない。

カッコイイ…
  
 
 
 
 
 
・ ・ ・
 
 

これは何かニャ?

 
 
 
あれ?
 

 
 
…つづく。

4 件のコメント:

  1. な…んですと!?(゚Д゚)

    返信削除
    返信
    1. ↑あれ?名前が出ない?(*_*;
      失礼しました。
      ぐぐたすから来ました緑のSpecialized乗りです。

      削除
    2. なかなか自転車の形にならない、凸凹ストーリーのはじまりですよ…

      削除
  2. 楽しみに読んでますよー(・∀・)
    なんせ自らのブレーキ交換ひとつ躊躇う初心者なので参考になります(笑)

    返信削除